ペーパー折り鶴

ペーパー折り鶴「純白鶴」  ペーパー折り鶴「純白鶴」
一枚の紙でなく、一枚のサテン生地(布)で出来ており、
全部繋がっています。
サテンは色彩が良く光沢が有り、一度は折り鶴にと頑
張ってみました。
サテンに薄めたボンド液を塗布し乾かした後、透明なク
リヤーを何度か吹きかけ、カッターで切り絵しています。
四枚目の画像が型紙で、赤の実線には切込みを入れて
います。
赤の★印は、折り鶴のクチバシがくる箇所です。
作品と即品は少し異なります。型紙が無ければ、こんな言
い訳は必要ないのですが(笑)・・・製作途中に少しホツレが
出てしまい、少し切り落としています。
サテンは、比較的無難な白を使いました。
今回は、紙でなく布ですから! 折り鶴の番外編とします。
ペーパー折り鶴「純白鶴」 ペーパー折り鶴「純白鶴」
ペーパー折り鶴「純白鶴」の型紙 ペーパー折り鶴「純白鶴」

ペーパー折り鶴「切り絵した部分わくぐらせる方法」  ペーパー折り鶴「切り絵した部分をくぐらせる方法」
いつも"型紙の赤の実線とか青の実線に切込みが入れて有り、
切り絵した部分を丸めるようにしてくぐらせます"と、言って来ま
したが、現在やっさん(私)のしている方法は、画像のようにして
おります(一実施例)。
左の画像は、折り鶴の背に切り絵した部分をくぐらせた作品です。
二枚目の画像が型紙で、赤の実線には切込みを入れてあります。
赤の★印は、折り鶴のクチバシがくる箇所です。
三枚目の画像のように、ピンクの紙のBの上に、切り絵した部分
を置き、四枚目の画像のように、切り絵した部分を丸め折りし、そ
の上にAを重ね更にCを重ねて、五枚目の画像のように、赤の実
線の切込みに差し込みくぐらせると、切り絵した部分わ容易にくぐ
らせることが出来ます。
四枚目の画像の型紙の切り絵した部分をくぐらせる際、何度かプ
ッーンと切れたことが有り思いつきました。
この作品は、製作の途中でくぐらせるのでなく、最初にくぐらせる
ので、簡単にみえますが、折り鶴の背に切り絵した部分をくぐらせ
ると、背の膨らませた部分を整えるのは難しいですよ。
ペーパー折り鶴「切り絵した部分わくぐらせる方法」 ペーパー折り鶴「切り絵した部分わくぐらせる方法」
ペーパー折り鶴「切り絵した部分わくぐらせる方法」 ペーパー折り鶴「切り絵した部分わくぐらせる方法」

前の作品     TOP