布切り絵作品

布きりえ作品「招き猫」 布切り絵 「招き猫」

黒布は、サテンを使い糊と水を半々に混
ぜ黒布のサテンに塗布して、乾かした後
カッターで切り絵しています。
白布や色布も布を使用しています。
「招き猫」検索してみると、右手を挙げてい
るのが雄猫で、左手を挙げているのが雌
猫と言われています。
招き猫の挙げた手をよく観察すると、耳の
辺りまでしか挙げていない猫や耳を超えて
高く挙げている猫がいます。
挙げている手が高ければ、たかいほど遠く
の福や客を招くともいわれています。
などが書かれていました。


;布切り絵作品コーナーに、カラー布きりえ「まだあるの…」   布切り絵「まだあるの…
座敷 ほうき・ハタキなど最近あまり見かけなくな
りましたが、掃除する為マスクして箒やハタキを
使いまだ掃除の途中で、疲れた様子の女学生
を布
切り絵にしてみました。
そんな時代も在りましたから、懐かしく感じる方
もいると思います。サイズは小さいです。
サテン、木綿、グラデーションの布などを使い、
黒布と下絵を描いた紙との貼り合わせは、後で
下絵の紙を剥がす為、体験教室使う剥がせる
スプレーのり、布と布との貼り合わせは、すばや
く接着出来るスプレーのり、を使っています。


布きりえゴム飛び」
   布きりえ「ゴム飛び」

 2017年ネットの仲間展に出品しようと制作した布切り絵です。
人物をカラーにして一部カラーの布切り絵にしようと思っていましたが、歳のせいか
すっかり忘れていて! 黒布と白布を貼り合わせた後、気が付剥がそうと試みたところ
上手く剥がれず黒布の一部がちぎれてしまい右の女の子の顔がそうです。
ゴマカシしましたが、やはり上手くゆきませんでした。
もう一度作り直すことも考えましたが、他の予定もあり今回はこのまま出展します。
黒布・白布とも木綿を使用していて、ボンドを水で薄めた物を黒布に塗布して、カッター
で切りやすくしています。


布きりえ「花(1)」   布きりえ「花(1)」

 
いつもは黒布にカッターで切り絵して、ウラに
白布を貼り合わせていますが、今回は、黒布の
代わりに紺色のサテンで布切り絵してみました。
 紺色と白布の間にグラデーションの色布を挟み
込みカラー作品にしています。(体験教室用です)
布きりえ「花(2)」  布きりえ花(2) 

 
左の画像は、黒布の代わりに赤のサテンで
布切り絵してみました。
 小さなサイズの布切り絵は、光沢があって色
が鮮やかなサテンを使いますが、大きなサイズ
の布切り絵は、木綿の布の方が私的には良い
ように感じます。


布切り絵「鶏(2)」   布きりえ「鶏(2)」 

 木綿の黒布に、伊勢型紙などに用いられる丸キリ
の道具を使っての布切り絵作品です。
ボンドと水との配合ででもよいのですが、今回は膠と
水を使い綿布に付与して切り絵しています。
両面接着芯を切り絵する前、黒布のウラにアイロン
で貼って乾燥後、布切り絵しています。
白布も木綿を使用しています。



TOP    前の布切り絵作品